友達より仲間を作れ

この記事は約2分で読めます。

わたしは福岡に限らず全国や海外にも仲間を持っています。SNSが普及した今の時代は、その気になれば、いくらでも友達は出来ます。


しかし、この友達という基準が非常に曖昧でして、Facebookで繋がれば、即お友達というのもなんだかなーという感じです。

なので、わたしは、友達作りより、仲間作りを意識しています。Facebook上の「いいね!」ではなく、個別にメッセージやメールでやり取りが頻繁に出来ている関係です。

こちらにメリットがあるわけでも無く、ただお手伝いだけのこともあるし、その逆もあります。
わたしの仲間には、与えるマインドを持っている人が集まります。その方々を繋げていくのもわたしの役割です。

わたしは、この仲間という感覚が大好きです。

しばらくやり取りが途絶える人も居ますが、いざという時には必ず助けになってくれます。

金の切れ目は、縁の切れ目!と言いますが、それまでのお付き合いの人は、今までありがとう!と感謝してお別れするしかない時もあります。

仲間の方々とは、水面下で色々なことをやっています。わたしはアヒルの水かきのように、表面では、暇そうに泳ぎ、水面下では、バタバタと水かきする。そんな風に水面下でワクワクしながら動き回るのが大好きです。

あなたも良かったら、友達から一歩進んだ関係、仲間として、わたしを加えてみませんか!ヤケドするのは必須です(笑)

目 次

第1章  お金について

第2章  健康について

第3章  人間関係について

この記事を書いた人
Munenori Bundo

(有)メディア・ジャパン 代表取締役
 分藤 宗徳(ブンドウ ムネノリ)

【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。
経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさんです(笑)
ITコンサルタント。北海道から沖縄まで1000回以上の講演、セミナーを実施。
地元福岡では、福岡商工会議所、北九州商工会議所、飯塚商工会議所、太宰府市商工会。
Googleマップのストリートビュー撮影も行なっております。

Munenori Bundoをフォローする
人間関係について自分らしく生きる
スポンサーリンク
bunnchan流ライフハック
タイトルとURLをコピーしました