もっとも身近な人に気を使うべし

この記事は約2分で読めます。

まぁ、お恥ずかしい話し、わたし自身が身近な人にもっとも気を使っていませんでした。
もっとも身近な関係は、夫婦であったり、親子であったり。どこか分かってくれてるよね!と甘えが出てしまう。


うちの妻は素晴らしいですよ。こんなわたしを見捨てることなく、ずっと助けてくれています。時には喧嘩もしましたが、今では諦めの境地なのか、笑って過ごす日々です。

感謝は、言葉にしないと伝わらないこともあるんですよね。ある日、妻に言われました。「愛してる」って毎日言ってね!言わないと分からないから!

ギョッとしました。言わないと分からない??そうだったんだ!妻はずっとそう思って生きてきたんですねー。それ以来、感謝の言葉とプレゼントがほぼほぼ毎日の日課となりました。

わたしが甘いもの好きと知ってる方は多いことでしょう。Facebookによく写真アップしてますからね。あれは、毎日の妻へのプレゼントなんですよ。いつも半分こして食べてます。

男性のみなさん、女性へのプレゼントは、10年に1回のダイヤではなく、毎日のお花やスイーツですよ。

買ってあげたやん!と思っているのは、あなただけ。女性は、毎日ゼロクリアです。今日はもらってないと思ってるんですよ(笑)

ある時、感謝を言葉に出来ていないと気付いたわたしは、毎日「ありがとう」を何回言っているのか数えてみました。

平均すると1日に30回くらいでした。それから意識して、50回以上言うように心がけました。手のひらに正の字を書きながら(笑)

気持ちが言葉に出るものだと思っていたわたしでしたので、わたしは感謝の気持ちが少ないのだと気付きました。

毎日50回以上「ありがとう」を言い続けると2カ月ほどで習慣になってしまいました。すると、言葉を使うことで、感謝に気付けることが分かりました。

当たり前と思ってきたことに感謝できるようになり、こちらもあちらも気分爽快。

使う言葉って大切なんだな~と思いました。類友ですよ。自然と「ありがとう」という言葉が大好きな方々に囲まれるようになりました。感謝です。

今日も一日、まずは妻への感謝から
「ありがとう。愛してるよ」

目 次

第1章  お金について

第2章  健康について

第3章  人間関係について

この記事を書いた人
Munenori Bundo

(有)メディア・ジャパン 代表取締役
 分藤 宗徳(ブンドウ ムネノリ)

【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。
経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさんです(笑)
ITコンサルタント。北海道から沖縄まで1000回以上の講演、セミナーを実施。
地元福岡では、福岡商工会議所、北九州商工会議所、飯塚商工会議所、太宰府市商工会。
Googleマップのストリートビュー撮影も行なっております。

Munenori Bundoをフォローする
人間関係について自分らしく生きる
スポンサーリンク
bunnchan流ライフハック
タイトルとURLをコピーしました