自分のメールアドレス流出の確認方法と対策(日本語解説)私のメール流出してました!

この記事は約2分で読めます。

ITメディアでも報じられている通り、全世界の大量のメールアドレスとパスワードが流出していることが確認されている。今回は、自分のメールアドレスが流出しているかの確認方法(日本語解説)とセキュリティー強化の対策を書いてみる。(引用:画像はITメディアさんより)

流出が確認されているメールアドレスは7億とも30億とも言われています。これは人ごとではなく、自分のメールアドレスも流出している可能性が高いと考えて、まずはチェックされる事をお勧めします。

チェック方法

アカウント情報の流出を確認できる無料サービス「Have I Been Pwned(HIBP)

セキュリティ研究者のトロイ・ハント氏が運営。

Attention Required! | Cloudflare

チェック手順

画面解説

流出していた時の画面

 

流出していなかった時の画面

私が個人的に使っているメールアドレスは8つのサイトから流出している可能性が高いことが判明!

 

ここには掲載されていないが、日本国内でも数多くのサイトがハッキング被害にあっている。以前、私もLINEアカウントを盗まれた経験があり、その時は友人に多大な迷惑をかけてしまった。

また、自分のアカウントが盗まれることによる二次被害も起こる可能性がある、例えば連絡先に登録されている友人のメールアドレス流出などだ。

対策

注意ポイント

  • 流出先を含め可能な限り全てのアカウントのパスワードを変更する
  • パスワードの使い回しをしない
  • パスワード管理ソフトで各サイト毎にメールアドレスやパスワードを変えて管理する

私が利用しているパスワード管理ソフト

iPhone iOSアプリ

1Password – Password Manager – AgileBits Inc.

 

Macアプリ

1Password 7 – Password Manager – AgileBits Inc.

Windows版、Android版もあります

まとめ

名前やメールアドレス、電話番号などの個人情報は、常に流出する可能性がある事を前提に考えておく必要がある。

もっとも危険なことは、自分に限ってあり得ない!と思い込んでいること。

自分の被害だけではなく、周りに被害を与えてしまう可能性があるので定期的に対策を考えて実施する事をお勧めします。

私も以前流出問題が起きた時にはパスワードの変更を行いましたが、今回はメールアドレスの変更も検討して見たいと考えています。

本日も、最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。

この記事を書いた人
Munenori Bundo

(有)メディア・ジャパン 代表取締役
 分藤 宗徳(ブンドウ ムネノリ)

【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。
経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさんです(笑)
ITコンサルタント。北海道から沖縄まで1000回以上の講演、セミナーを実施。
地元福岡では、福岡商工会議所、北九州商工会議所、飯塚商工会議所、太宰府市商工会。
Googleマップのストリートビュー撮影も行なっております。

Munenori Bundoをフォローする
セキュリティーライフハック
スポンサーリンク
bunnchan流ライフハック
タイトルとURLをコピーしました