お金は、交換の手段でしかない

この記事は約2分で読めます。

お金は、便利に使う道具であって、お金に使われるような生き方はしたくないと感じるようになりました。どのくらいのお金を持っていたらみなさんは満足されますか?


わたしの経験では、満足することは永遠になく、いつまでたっても欲求はおさまらないものと理解しました。お金は、楽しくおおいに稼ぎます。しかし、お金を稼ぐことだけが生きる目的になると寂しいものです。

わたしは常々、物々交換をやってみたいと思っていました。欲しいものをお金ではなく、モノやサービスと交換する。お金が無くとも必要なモノを手に入れることをやってみたかったのです。
数年前に糸島に戻った時から実践してみることにしました。

わたしは幸いにもホームページを作ったり、ネットの仕組み作りを得意としています。個人事業主から法人まで幅広く対応しています。

そこで、ホームページの製作やサーバーのレンタルをお金では無く、モノやサービスと交換することをやって見ました。今のところ糸島の方限定ですが。

みなさん、床屋さんや美容室には必ず行きますよね。ある時、仲良くなった床屋さんからホームページの相談がありました。わたしは早速、物々交換を提案しました。交渉成立。サーバーのレンタル費用の代わりに年間でカット二回とお食事へのご招待。おおいに満足しています。

飲食店や農家の方など、年間食事券や毎月お野菜セットなど交換可能な方は是非ご相談下さい。
ただ、モノやサービスの押し付けは勘弁してね。不要なモノは出来るだけ持ちたくありませんので、ごめんなさい。

物々交換って、他にもメリットあるんですよ。だって、消費税かからないし、売上計上しなくていいし。

こんなことをやっていると、お金を使うから税金を払わされているのだな~とわかってきます。なので、なんでもお金を出して買うのではなく、お庭やベランダで野菜を育てて手に入れることなどからスタートされてみてはいかがでしょう。

自然豊かな糸島で、毎月の食費がゼロになるのを目標にしています。

物々交換、あなたもやってみませんか!

目 次

第1章  お金について

第2章  健康について

第3章  人間関係について

この記事を書いた人
Munenori Bundo

(有)メディア・ジャパン 代表取締役
 分藤 宗徳(ブンドウ ムネノリ)

【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。
経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさんです(笑)
ITコンサルタント。北海道から沖縄まで1000回以上の講演、セミナーを実施。
地元福岡では、福岡商工会議所、北九州商工会議所、飯塚商工会議所、太宰府市商工会。
Googleマップのストリートビュー撮影も行なっております。

Munenori Bundoをフォローする
お金について自分らしく生きる
スポンサーリンク
bunnchan流ライフハック
タイトルとURLをコピーしました