小さなお金より、大きなお金の方が集まりやすい

この記事は約2分で読めます。

誰しも、あ~今月あと3万円あったらな~なんてことを感じることはあると思います。わたしも、今月どうやってあと10万円稼ごうか?なんて気持ちになることは勿論あります。

そんなある時、たった4日間で450万円も集まってしまう出来事がありました。

一生のうちで一度は本を出してみたい!著者になってみたいな~と思っていましたが、本を出すのにもけっこうなお金が必要となります。作るのに数百万円。作ったら作ったで、自分で売るための買取本で数百万円。世の中そう甘くはありません。

しかし、発想を変えてみました。わたしと同じような想いの方って世の中にたくさんいるのでは?

すぐさま企画書を書いて行動に出ました。30人で一冊の本を創り上げる企画です。三人にお話すると即答でやりたい!との反応。その後説明会を4回実施で30人が集まりました。正直ビックリです。

お金の価値って、提供するものでこんなにも変わるものなのか!という良い体験でした。一万円の商品を売ろうとしてもなかなか売れないのに。15万円の企画参加費が即答で売れてしまうのです。

今回の教訓は、けっして大きな金額とは言えないかもしれませんが、よくよく考えると当たり前に思えてきました。

100万円の公共工事と100億円の公共工事では、100億円の予算の方が通りやすいし、そのお金の方が集まりやすい。多くの方に幅広く喜んでいただける内容には、どんなに大きな金額でも集まりやすい。そんなもんなんですね。

どうせやるなら発想は大きく!たいして労力は変わりませんから(笑)

目 次

第1章  お金について

第2章  健康について

第3章  人間関係について

この記事を書いた人
Munenori Bundo

(有)メディア・ジャパン 代表取締役
 分藤 宗徳(ブンドウ ムネノリ)

【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。
経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさんです(笑)
ITコンサルタント。北海道から沖縄まで1000回以上の講演、セミナーを実施。
地元福岡では、福岡商工会議所、北九州商工会議所、飯塚商工会議所、太宰府市商工会。
Googleマップのストリートビュー撮影も行なっております。

Munenori Bundoをフォローする
お金について自分らしく生きる
スポンサーリンク
bunnchan流ライフハック
タイトルとURLをコピーしました