21世紀型の栄養失調に気づく

この記事は約2分で読めます。

ある時、ヨガの先生に、「ぶんちゃん栄養失調よ!」と言われました。わたしは、何を言っているのかチンプンカンプン??
母も祖母も調理師で、食事や栄養については常に気を配っていましたし。

先生曰く「今の時代、どれだけ野菜を食べようが、どれだけおかずの種類をふやそうが、そもそも、素材に栄養が無いのよ!」

わたしも大学では、栄養化学を専攻してましたので、多少の知識はありました。確かに野菜に含まれるビタミンやミネラルは、減少しています。

医学にしても化学にしても常識は日々変わっていきます。わたしが学んだ栄養学も古い常識のまま止まっていました。

調べる術は知っています。多少のプライドを持って、改めて調べ直すと、あれまぁー!
国が発表している資料をみても、50年前と比べてビタミンで3分の1、ミネラルにおいては10分の1からひどいものは30分の1まで減少していました。

まさに野菜もどき!健康維持に必要な栄養素を確保するのに普段の野菜の3倍も10倍も食べれません(笑)
思っていたよりかなり深刻な状態です。

先生は、どうしているのかと尋ねると、仕方ないからビタミン、ミネラル、アミノ酸、フルボ酸が配合されたドリンクを飲んでいるとのこと。

栄養失調と言われても実感の無いわたしでしたが、モノは試し!すぐに試してみました。

味はまぁーまぁー、こんなもんでしょ。しかし、飲んだところで元気メラメラと言う訳でもなく、パワー全開!みたいな感覚は全くありませんでした。正直がっかり。

ところが、ひと月経った頃にある事に気付きました。体温が上がってたんです。わたしは小学生の頃から、体温が35.3度と低いため予防接種を受けさせもらえませんでした。男なのに冷え性みたいな感じです。

ところが、体温が1度上がってたんです。やっと人間になれた気分でした。
体温が上がったことだけではなく、やはり必要な栄養素を補給できたおかげなのか、とにかく風邪をひかない。朝方に足が攣ることもない。便通も良くなってる。お酒を飲んでも次の日に残らない。朝起きるとあちらが元気!

普段から病気がちということも無く、健康体と思っていたわたしは、更なる「より健康体」を実感することができました。

それ以来、家族全員がミネラル補給をしています。おかげさまで、年間通して誰も病院に行かない。健康保険を使わないことは、国に対しても貢献になりますよね。

あなたの健康はホンモノですか?

目 次

第1章  お金について

第2章  健康について

第3章  人間関係について

この記事を書いた人
Munenori Bundo

(有)メディア・ジャパン 代表取締役
 分藤 宗徳(ブンドウ ムネノリ)

【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。
経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさんです(笑)
ITコンサルタント。北海道から沖縄まで1000回以上の講演、セミナーを実施。
地元福岡では、福岡商工会議所、北九州商工会議所、飯塚商工会議所、太宰府市商工会。
Googleマップのストリートビュー撮影も行なっております。

Munenori Bundoをフォローする
健康について自分らしく生きる
スポンサーリンク
bunnchan流ライフハック
タイトルとURLをコピーしました