上手くいかなかった出来事に、人生の質を高めるヒントがある。失敗や困ったことから学べたことを書いています。基本的に好きな事しかやりません。

bunnchan流ライフハック 好きな事をして生きる!

facebook ライフハック

Facebookにシェアしたブログの写真やタイトルを変更する方法

更新日:

やらかした〜

ブログを書いて慌ててfacebookにシェアした経験は誰しもあると思います。困るのが、タイトル間違いや、醜いアイキャッチ写真で投稿されてしまうことですね。

あわててブログを修正して再度、facebookにシェアしても修正が反映されないんですよね。

そんな、やらかした〜な内容を修正する方法を書いてみます。

ogpの基本的な設定は、把握している前提で書いています。

facebookのシェアに修正が反映されない原因

これは、facebookが表示効率を上げるためにシェアされたURLをキャッシュとして保存しているからです。

毎日、世界規模で11億人以上が利用、投稿数となるととんでもない数になってしまいますね。

投稿された記事に対して、さらにシェアされるわけですから、システムへの負荷を軽減する処置として仕方ありません。

facebookのキャッシュを書き換える方法

以前から方法はありましたが、英語表記だったり、わかりにくかったりしていたページが、日本語表示になって使い易くなっていましたので、改めて紹介しておきます。

Open Graphオブジェクトデバッガー
( https://developers.facebook.com/tools/debug/og/object/ )

デバッガー

ビフォーアフターがわかるように、修正前と修正後を表示して比較確認しましょう。

まずは、現在の表示を確認します

URL入力

 

ページの一番下に現在のキャッシュ内容が表示されています。

切れてる写真

スポンサーリンク

ブログを修正した後に『新しいスクレイピング情報を取得』してみる

 

修正

 

無事に反映されました

修正後

Facebookシェアに最適な画像サイズ

画像に関しては、そもそもfacebookシェアに適したサイズを使う事が良いわけです。

facebookが推奨するサイズ
縦630px横1200px

最低でも
縦315px横600px

これは、デスクトップやモバイルに問わず画像表示サイズが縦:横の1:1.91と決まっているからです。

画像の最大サイズは、8MBです。

詳細は、デベロッパーズサイトで確認ください。

参考までにtwitterでの修正方法

Card Validator | Twitter Developers

ブログを修正後にこちらのサイトでURLを入れてプレビューカードをクリックしたらOKです。

twitter

まとめ

Open Graphオブジェクトデバッガーを使って、タイトルや画像のキャッシュを修正する方法を見てきました。

ついつい、やってしまった時の為に修正方法があることを知っていたら安心です。

しかし、そもそも修正しないでよい最適な画像サイズを使う習慣をつけていれば問題自体が起きませんね。

私自身は、常に画像サイズを測ってはいません。トップ表示させる画像を横長の画像を使うようには気をつけている程度です。ご参考になれば幸いです。

about

ABOUT

分藤 宗徳(ぶんどう むねのり)(有)メディア・ジャパン 代表取締役 【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。 経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさん ...

続きを見る

メルマガでは、ブログ記事に掲載されない情報をお届けしています。1,000回以上のセミナーや講演会をこなしてきた筆者独自の視点で書いた人生の質を向上させるライフハック情報。

健康のことや人生についてビジネスについてのライフハックについてお届けします。ლ(╹◡╹ლ)

メルマガ登録はこちら

-facebook, ライフハック

Copyright© bunnchan流ライフハック 好きな事をして生きる! , 2017 All Rights Reserved.