上手くいかなかった出来事に、人生の質を高めるヒントがある。失敗や困ったことから学べたことを書いています。基本的に好きな事しかやりません。

bunnchan流ライフハック 好きな事をして生きる!

未分類 過去記事

FBでホットペッパーがスポット情報を登録しまくっている件が酷い件

更新日:

昨日7月1日からfacebookチェックインクーポンがスタートした。しかしネットリテラシーの高いユーザーから聞こえてくるのは、なんかおかしいよね?の声!これを期に賢い店舗オーナー、賢いユーザーを目指してみましょう。

サブタイトル『これはチャンス!facebookチェックインクーポンがスタート!』

まずは、facebook Japanの公式ページの記事・・ここから変ですねは、始まっている。

facebookチェックインクーポンがスタートしたこと自体は、大変喜ばしいことである。ただ、これって???に思えてくる。

最初に発表されたのが、以下の記事です2011-07-02-2

この次に発表された記事が、こちら2011-07-02-3

なんとも、サービススタート発表の前にR社との提携サービスが発表されていることが・・・

もしかしたら、一般公開する予定がなかったのに、問題をうやむやにするために、一般公開したのかもと疑問まで出たw

次にホットペッパーと同時にサービスがいち早くスタートした、じゃらんさん・・2011-07-02-6

掲載申込みを受付るのではなく、掲載非公開を連絡いれないと勝手に作成されてしまった。

一見親切に見えるのだが、はたしてそうなのか?

次に出てきた問題が、早くからfacebookページを作ってソーシャルメディア対応に取り組んできた店舗オーナーから出てきた。クレーム!

  1. すでにfacebookページがあるのに、チェックインスポットも2つ出来て紛らわしい
  2. 元々作っていたチェックインスポットでクーポンの申請をしようとしたら規約違反となってしまうらしい?どっちが規約違反?
  3. R社に削除依頼出したら消してくれるの?それとも残骸が残るの?
  4. うちの店には何の連絡も来ていない。お客さんから言われて知りました????
  5. R社のサポートデスクに電話を入れてもしどろもどろ??社内での情報伝達も出来ていなかったのかも疑惑?

そろそろ本題に入ってみましょう。

今回R社によって、無数に作り出されたチェックインスポットの弊害

賢い店舗オーナー様へ

    1. チェックインスポットには、お客様のコメントが掲載可能です。このコメントに対応するスタッフは誰ですか?もし、クレームのコメントがあった場合に放置されていたら、お客様は、どのように感じ、どのような行動をおこすでしょうか? 

      *一部訂正、チェックイン機能を使ってお客様が、友達のアクティビティでコメントを入れることが可能です。お客様がクレームとしてコメントされたとしたら、店舗オーナーは、気づけない可能性がある?(13:35:48,2011-07-03)

  1. 割引クーポンだけが目当てでこられるお客様の平均単価は?リピート率は?
  2. 複数のチェックインスポットに戸惑うお客様は出ないの?
  3. そもそもソーシャルメディアの活用は、交流にあるのであって、コミュニケーションに対応しない店舗にメリットはるの?

賢いお客様へ

  1. なじみのお店がチェックインクーポンで割り引き出してるのに、お店の人が知らないって対応されたらどう感じます?
  2. 美味しかったよ〜って、コメント入れても無視。クレーム入れても無視ってお店があったらどう感じますか?
    *実際には、ウォールではなく、友達のアクティブティに投稿されます。(13:35:48,2011-07-03)
  3. どうせ割引してるのだから、あらかじめメニューの質と量を減らそう的なお店が増えたらどう思いますか?

R社に一言

今回の件に関して、なんの疑問ももたれないようであれば、かなりソーシャルメディアを理解していない企業の代表になりかねないでしょう。

私自身は、R社のiPhoneアプリケーションを早速削除させていただきました。

FB社に一言

Google+が日本でもスタートを始めたタイミングで、この問題!無視するのも自由。FBにとって日本市場は、重要でもないのかもしれないですね。それと中小零細企業も相手にされていないのでしょうか?

ソーシャルメディアの活用を指導されている方々へ一言

少なくとも私の考えでは、今回の出来事は、疑問符だらけです。疑問を感じて何も表明されない方々にも疑問を感じることでしょう!

最後に、まじめにコツコツとソーシャルメディアを研究し、対応されてきた店舗オーナーの皆様、今こそ大きなチャンスです。何の対応もせず、放置常態のfacebookページ(チェックインスポット)が多数作り出されたことで、サービスの差別化が明確に表現できます。お客様も時間の経過と共にそのことに気付いていただけると信じています。前向きにがんばる皆様を今後も支援できればと考えております。ありがとうございます。

疑問を感じられた方々のブログリンク

チェックインクーポン

☆じゃらん☆さんが■Facebook■と連携??あれれ?の巻

FBでホットペッパーがスポット情報を登録しまくっている件

追記(22:53:05,2011-07-02)FB社のクーポンガイドは、こちら

著者の紹介

著者の紹介

分藤 宗徳(ぶんどう むねのり) (有)メディア・ジャパン 代表取締役 MODEREブランドアンバサダー 【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。 経歴は凄いと ...

続きを見る

-未分類, 過去記事
-,

Copyright© bunnchan流ライフハック 好きな事をして生きる! , 2018 All Rights Reserved.