上手くいかなかった出来事に、人生の質を高めるヒントがある。失敗や困ったことから学べたことを書いています。基本的に好きな事しかやりません。

bunnchan流ライフハック 好きな事をして生きる!

過去記事

★災害支援サービス『PublicNozbe(パブリックノズビー)』にご協力を

更新日:

★災害支援サービス『PublicNozbe(パブリックノズビー)』にご協力を

3月11日に起こった東北沖地震と津波により、我が国が過去に類を見ないほど

大きな災害に見舞われています。

 

停電が続く被災地周辺や計画停電が行われる関東地区では、テレビやラジオ、

携帯電話の通話・メールが思うように使えないことも多く、皆さんからの

ネット情報が貴重な情報ソースとなっています。多くの皆さんの善意で、

いち早くTwitterやFacebookが情報インフラとして活躍しています。

 

そこで、有志が集まり、皆さんから寄せられた貴重な情報を有効に活用できる

ように、PCやスマートフォンのToDoリストとしてはもちろん、紙でも配布

可能なシステム「PublicNozbe(パブリックノズビー)」を作りました。

 

これは、プロジェクト管理システムである「Nozbe(ノズビー)」を中心に

した、被災者や支援者に役立つ情報を提供するクラウドサービスです。

災害支援に有効な情報がリストにまとめられ、TwitterやFacebook、Web

サイトを通じて配信されます。

 

####################################################

目 的 :災害支援に有効な情報を見やすいリストとして提供すること

内容例 :避難の仕方/被ばくの防ぎ方/出血時の対応/メンタルケア など

利用者 :誰でも 被災者、直接または間接的支援者

使い方 :PC/Mac、iPhone/iPad、Android、紙など

利用料金:無料(通信費等を除く)

####################################################

 

 

●皆さんにお願いしたいこと●

・「PublicNozbe」を、職場や友人の集まりなどでご紹介・ご利用ください。

・TwitterでのRT、Facebookでのコメントなどでご支援ください。

・情報のご提供または、ご提供者の紹介をお願いいたします【随時募集中】。

<必要としている情報>

- 災害現場で即有効的な情報(情報ソースが明確な)

例)生存を連絡する手段

- 必要な情報だがまだ整理されていない情報

例)介護者をかかえている過程での停電対策

- 専門的な情報を提供いただける人的な情報

例)子供さんの体調が悪くなったときの対処方法

・データのリスト化や編集、チェックなどもお手伝いいただけると幸いです。

 

 

■「PublicNozbe(パブリックノズビー)」プロジェクト

Webサイト:http://www.publicnozbe.jp/

Twitter:@publicnozbe ハッシュタグ #publicNozbe

Facebook:http://www.facebook.com/publicnozbe

Nozbe:http://www.nozbe.com/

プロジェクトリーダー:倉園佳三さん(@zonostyle)

システム開発:Nozbe開発会社CEO Michael Sliwinskiさん

(マイケル・スリウィンスキ@michaelnozbe)

協力:NPO法人 AIP(高度IT人材アカデミー)

about

ABOUT

分藤 宗徳(ぶんどう むねのり)(有)メディア・ジャパン 代表取締役 【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。 経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさん ...

続きを見る

メルマガでは、ブログ記事に掲載されない情報をお届けしています。1,000回以上のセミナーや講演会をこなしてきた筆者独自の視点で書いた人生の質を向上させるライフハック情報。

健康のことや人生についてビジネスについてのライフハックについてお届けします。ლ(╹◡╹ლ)

メルマガ登録はこちら

-過去記事
-

Copyright© bunnchan流ライフハック 好きな事をして生きる! , 2017 All Rights Reserved.