facebook iPhone・iOS ライフハック

facebookアプリ、見れない、表示されない、過去記事が見れない時の対処方法(iPhone,iOS)

更新日:

 

iOS12以降、どうやらiPhone/iPad用のfacebookアプリでバグが出まくっているようだ。現象としては、主に以下のパターンが多い。

Sponsored Link

ポイント

  • facebookアプリを起動するとすぐに落ちる
  • facebookアプリが開かない
  • facebookアプリの通知がこない、または通知が消えない
  • アプリがやたらと重く感じる
  • ニュースフィードが更新できない、または表示されない
  • スクロールで下の記事が出てこない
  • などなど

facebookのバグの可能性は高いが、メモリー不足に陥っている時にも同じような現象が出る。

そこで、以下のステップを試してみよう。

バックグラウンドで立ち上がっているアプリを全て終了させる

ホームボタンをダブルクリック

立ち上がっているアプリをスワイプで消していく

メモリーのクリアをする

電源ボタンを長押しする

電源を落とす画面で、ホームボタンを長押し、元の画面に戻るまで

facebookアプリを再インストール

facebookアプリを長押し

facebookアプリアイコンの❌印をクリックしてアプリの削除

この後に、再度App Storeからfacebookアプリをインストールする。

上記3つの方法で解消されない場合は、

設定→一般→iPhoneストレージ

でiPhoneのストレージの空きをチェック。もし空きが少なくなっていた場合は、iPhoneのバックアップを取って一旦出荷状態に戻すことでストレージを一時的に増やすことが可能。ただし、一時的な解消であって、使っているとまたストレージの空きがなくなってくる。

不要なアプリを削除するなどの工夫をしつつ、限界を感じるようであれば、ストレージ容量の大きい機種に買い換える事をお勧めします。

Sponsored Link

Sponsored Link

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
munenori bundo

Munenori Bundo

(有)メディア・ジャパン 代表取締役 【略歴】キユーピー(株)、IT関連企業、マイクロソフト出向を経て1997年独立。 経歴は凄いと言われますが、孫がいる普通のおじさんです(笑)

-facebook, iPhone・iOS, ライフハック

Copyright© bunnchan流ライフハック , 2019 All Rights Reserved.